小顔&たるみ解消 耳たぶ回しの方法

小顔・アンチエイジングに 耳たぶ回しとは?

すっきりとしたアゴのライン、キュッとあがった頬、たるみのない目元。

 

横顔が引き締まり、若々しくすっきりとした小顔は誰しもあこがれてしまいますよね。

 

耳たぶ回しの方法

 

耳たぶ回しは、リンパ液の流れを促すことで、体の中の老廃物や酸化物などの要らないものを排出するためのテクニックです。

 

 

誰でも自宅で簡単にでき、体にとって様々な良い効果が期待できる耳たぶ回しとはどういったものなのかを見ていきましょう。

 

耳たぶ回しで期待できる効果とは?

耳たぶ回しは、耳の付け根(耳下腺リンパ)を優しく刺激して、リンパ液の流れを促す方法です。

 

人の体は60%〜70%が水分なのはご存知の通り。
大まかにいうと、人の形をした皮袋の中に、海水と同じような濃度の水分が入っているようなイメージになります。

 

体の中の水分には血液やリンパ液などがありますが、このうち「リンパ液」は体の中にたまったゴミ(老廃物・酸化物)を外に排出します。
つまり、リンパ液がうまく流れないと、体内に老廃物が溜まってしまうということになります。

 

 

なぜ「耳たぶ」なのか?というと、体中のリンパ液は最終的に鎖骨のあたりに集まるように流れるようになっています。
顔のリンパは、耳の付け根(耳下腺リンパ)に集まり、鎖骨下リンパに降りるようになっています。

 

全身を巡って老廃物を集めてきたリンパ液は、鎖骨の下にある静脈角から静脈に入ります。

 

顔のリンパの流れを促すために耳たぶ(耳の付け根)を軽く刺激するのが「耳たぶ回し」です。

 

耳たぶ回しはテレビや雑誌などにも取り上げられ、本にもなっています。

 

 

 

 

 

リンパ液が滞るとどうなるの?

リンパが滞ると、老廃物がうまく輩出されなくなります。
その結果、体の巡りも悪くなり、そのままにしておくと様々な美容トラブルの原因になってしまいます。

 

顔のたるみ・ほうれい線

老廃物がたまってリンパの流れが悪くなると、むくんだ状態になり、たるみやすくなります。頬がたるむとほうれい線を目立たせてしまいます。
また、むくみによって栄養素がいきわたりにくくなり、コラーゲンやエラスチンの減少、表情筋の衰えにつながります。

 

シミ・ソバカス

リンパの流れが滞るのは下水管が詰まってしまうのと同じようなことです。
その結果、新陳代謝が悪くなってしまい、シミ・ソバカスができやすくなってしまいます。

 

くすみ

年齢のせいにしてしまいがちなくすみですが、リンパがうまく流れていないことでくすんでしまう場合があります。

自宅でゼロ円ケア!耳たぶ回しの方法

耳たぶ回しの方法

 

では、さっそく耳たぶ回しをしてみましょう。

 

下の動画の2分57秒あたりからわかりやすくゆっくり説明されていますので、一緒にやってみてください。

 

 

もっと詳しく知りたい方は、こちらの本がおすすめです。